睡眠薬の強さランキング表(何時間寝れる)通販で買える

睡眠薬の強さランキング表(何時間寝れる)

強さレベル 睡眠薬名(商品名) 作用時間 通販サイト
10 トリアゾラム(ハルシオンなど) 1~3時間 ロゼレム8mg (Rozerem)
 
ベルソムラ(Belsomra)20mg
 
ベルソムラ(Belsomra)15mg
 
ソミナー(Sominar)25mg
10 プロチゾラム(レンドルミンなど) 6~8時間
9 ロルメタゼパム(エバミール・ロラメット) 9~11時間
9 フルニトラゼパム(ロヒプノール・サイレース) 20~22時間
8 リルマザホン(リスミー) 10~12時間
8 エスタゾラム(ユーロジン) 23~25時間
6 ニトラゼパム(ベンザリン) 26~28時間
1 フルラゼパム(ダルメート) 23~25時間
1 クアゼパム(ドラール) 31~33時間
0.5 市販品(ドリエル・ネオデイ・ナイトミンなど) 6~8時間

市販の睡眠薬

市販で購入出来る睡眠薬は睡眠導入剤など、不眠を改善する効果が期待できる市販薬で、薬局などでも購入することができますが、効き目は上記の睡眠薬の強さランキング表の通りです。

睡眠薬の使い分け方

不眠と一口に言っても、その状態はさまざまです。

入眠障害=なかなか寝つけない
中途覚醒=途中で何度も目が覚めて再入眠できない
早朝覚醒=活動開始よりずっと早く目が覚めてしまう

これらのタイプに合わせ、睡眠薬の作用時間を変えていきます。

入眠障害には、超短時間型~短時間型。中途覚醒には、短時間型~中間型。早朝覚醒には、中間型~長時間型を使用するのが一般的です。

ハルシオン®は市販されている?

ハルシオンは脳の神経を鎮める作用をもつトリアゾラムを主成分とした睡眠導入薬です。現在、ハルシオンと同じ成分を含む市販薬は販売されていません。
ハルシオンは向精神薬に指定されており、乱用のおそれがあるため購入する際には必ず医師の処方箋が必要になります。ハルシオンの使用を希望する場合は、病院を受診してください。

睡眠薬の作用を2つに分類

睡眠薬をその作用メカニズムの違いから2つに分けることができます。

脳の機能を低下させる睡眠薬
:ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系
自然な眠気を強くする睡眠薬
:メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬

現在使われている睡眠薬は、脳の機能を低下させる睡眠薬が中心になります。大脳辺縁系や脳幹網様体と呼ばれる部分の神経活動を抑えることで、催眠作用をもたらすお薬です。

それに対して近年は、自然な眠気を強くする睡眠薬が発売されています。私たちの睡眠・覚醒の周期に関係する生理的な物質の働きを調整し、睡眠状態に仕向けていくお薬です。

前者の睡眠薬の効き方は、「疲れきって寝てしまった」時のような形です。脳の機能を低下させるので、強引さのある効き方をします。それに対して後者は、本来の眠気を強める形になります。ですから、効果が人によっても異なります。

睡眠薬を安全に使うには

睡眠薬に対しては、怖いイメージを持っている方も多いかもしれません。しかしながら、昔使われていた睡眠薬に比べれば、安全性の面は確実に改善されています。

とはいえ、やはり副作用や依存性はありますので、以下のことに注意して使っていきましょう。

医師の処方、用法・用量を守る
アルコールとの併用は絶対にしない
お薬だけに頼らず、睡眠環境や生活習慣の見直しも行っていく

ベンゾジアゼピン系睡眠薬も含め、睡眠薬は不眠を根本から改善していくようなお薬とは異なります。睡眠障害の原因はさまざまですので、睡眠薬は助けに使いながら、原因に合わせた対応をしていくことが大切です。