薬の個人輸入の筋肉増強剤 売れ筋ランキング

売れ筋商品をまとめました!

実はこんな商品が売れているんです!オオサカ堂の売れ筋商品をご紹介!

オオサカ堂でどれを買えばよいか迷った時は売れ筋商品を買えば間違いなし!

ステロイドは副作用があります。
副作用を最低限にする使い方はコチラが参考になります。

メダナボル10mg
最も有名なステロイドである「ダイアナボル」と同じメタンジエノンを主成分とするアナボリックステロイド。肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進することで筋肉を増強します。世界で最もポピュラーなステロイドです。
オススメ
特徴 メダナボルに含有されている有効成分のメタンジエノンは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。
効果 たんぱく同化作用
用法 通常、1日10mg(1錠)の服用から始めて、徐々に1日40mg(4錠)まで増量します。
1日100mg(10錠)を服用する例もありますが、副作用が顕著に現れます。

オオサカ堂で詳細を見る

オキシポロン50mg
アナボリックステロイドの中ではダントツの人気。有効成分のオキシメトロンは、たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けがなどによる著しい体力の消耗などを改善。カルシウムの排泄を抑える働きも!
オススメ
特徴 オキシポロンに含有されている有効成分のオキシメトロンは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。
効果 再生不良性貧血、先天性再生不良性貧血、骨髄線維症
用法 成人に対し1日の推奨用量はオキシメトロンとして、体重1kgあたり1~5mgです。
通常、有効とされる1日の用量はオキシメトロンとして、体重1kgあたり1~2mgですが、必要に応じ用量の増減をしてください。
即効性はないため、効果を得るには3~6ヶ月の使用が必要となります。
1~5(mg/kg/day)×体重(kg)÷50(mg/錠)=**(1日当たりの錠数 錠/day)
※こちらの計算式で、「1日あたりの錠数」に換算してください。

オオサカ堂で詳細を見る

スピロテロール40mcg
日本国内で承認されているスピロペント錠と同一有効成分・クレンブテロール塩酸塩を含有した気管支拡張薬で、アスリートやボディービルダーの間ではよく知られた成分です。瞬発力アップなどの パフォーマンス向上に◎
オススメ
特徴 Liothytomelに含有されている有効成分のリオチロニンナトリウムは、不足している甲状腺ホルモンを補うことで、新陳代謝を高めます。食事により摂取されたたんぱく質や脂肪、炭水化物は、代謝されてエネルギーに変換されたり、身体の組織をつくるために利用されたりしますが、甲状腺ホルモンはこうした新陳代謝を促進します。
効果 粘液水腫、クレチン症、甲状腺機能低下症(原発性及び下垂体性)、慢性甲状腺炎、甲状腺腫
用法 リオチロニンナトリウムとして、通常成人初回量は1日5~25mcg(0.2~1錠)とし、1~2週間間隔で少しずつ増量する。
維持量は1日25~75mcg(1~3錠)とする。なお、年齢、症状により適宜増減する。

オオサカ堂で詳細を見る

アナドリン10mg
オキサンドロロンを有効成分とするアナボリックステロイド。オキサンドロロンは、ステロイド成分で有名なメタンジエノンやオキシメトロンと比べると筋肉増量効果が優しいが、副作用が少ないと言われているため副作用が気になる方に◎
オススメ
特徴 アナドリンに含有されている有効成分のオキサンドロロンは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。
効果 広範囲の手術・慢性感染症・重度の外傷による体重減少後の補助療法、骨粗鬆症
用法 通常、成人に対して1日2.5~20mg(0.25~2錠)を2~4回に分けて服用します。

オオサカ堂で詳細を見る

ウィンゾロン10mg
ウィンゾロンに含有されている有効成分のスタノゾロールは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。
オススメ
特徴 ウィンゾロンに含有されている有効成分のスタノゾロールは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。
効果 遺伝性血管性浮腫、貧血、乳癌、骨粗鬆症、広範囲の手術・慢性感染症・重度の外傷による体重減少後の補助療法
用法 通常、1日20~30mg(2~3錠)を経口投与する。
貧血、閉経後女性の乳癌、代謝疾患、骨粗鬆症の治療には、1日50mg(5錠)を2~3週間経口投与する。

オオサカ堂で詳細を見る

ステロイドは副作用があります。
副作用を最低限にする使い方はコチラが参考になります。